家を害獣から守る|ハクビシン駆除を依頼して安心した生活を送ろう

屋根裏に侵入する害獣

家

全国で被害が増えている害獣被害ですが、年々被害報告が増えてきているのがハクビシンによる被害です。1950年頃までは都心部ではあまり見かけられない動物だったのですが、近年は47都道府県中43もの都道府県で生息が確認されています。都会でも多く目撃報告が上がっていて、タヌキの目撃情報よりも多くなっています。ハクビシンはジャコウネコの仲間で、頭から鼻先にかけて白い線のような模様があるのが特徴です。漢字にすると白鼻芯とかきます。鼻からまっすぐ白い模様があるという意味の漢字なので、昔の人もその特徴に目がいったのでしょう。夜行性といわれていて夜間に目撃されることが多いので、アライグマやタヌキと勘違いされることもあるようです。サイズが猫よりも少し長いので、猫と見間違うことはあまりありません。都会で暮らすハクビシンは住宅の屋根裏などに巣を作ります。自宅にハクビシンが現れたら、巣を作る前にハクビシン駆除をしましょう。ハクビシン駆除をする際は、ハクビシン駆除を専門にしている業者に依頼をしましょう。ハクビシンの習性をよく理解しているので迅速な対応をとってくれます。また、巣を作られたあとでも対応してくれるので、被害が大きくなる前に依頼するようにしましょう。生活のすぐそばに潜むように生活しているハクビシンは、可愛い見た目とは違って深刻な問題を生み出します。見た目で判断せずに、しっかりとした対応をしましょう。ハクビシン駆除をして住宅を守ることが大事です。